マイベストキッチン賃貸物件のキッチンについて知る

今後の事を考慮したレンタルオフィス選び

一度、契約した後はどの位レンタルオフィスを利用したいと考えていますか。長期利用はコストがかさみやすいため、平均的に1年程度の利用を考えている人が多いみたいですね。

もし、今後仕事を続けて行くと、もっとたくさんの顧客を獲得する事ができた時に、困る事はなさそうか、という事も考えておきたいですね。

外勤が多くなりそうだという時には、電車やバスが利用しやすい場所かという事も重要ですね。

会社を大きくして社員を雇って仕事をしたいという人であれば、対応する事ができるかどうか、など考えるべき事はたくさんありそうですね。

今後の展開を考慮して、レンタルオフィスを見つけ出したいですね。

レンタルオフィスのオプションサービス

レンタルオフィスはただ仕事をするためのスペースを貸してくれるというだけではありません。他にも便利なオプションサービスがありますので、同時に利用する事で更に仕事の環境が良くなる事でしょう。

レンタルオフィスのオプションサービスにはいろんなものがあります。例えば、電話や来客対応、会議室や応接室の貸し出し、郵便物の管理、備品レンタル、お茶などのサービスなどがあります。

これらのサービスはいつも必要という分けではなくても、いざとなればすぐに利用する事ができるので便利ですね。

レンタルオフィスによってオプションサービスの内容は多少違ってきますので今後利用する予定がある人はぜひ、このオプションサービスについても事前に確認してから契約を行いたいですね。

レンタルオフィス使用の料金相場は?

レンタルオフィスの料金相場は大阪と東京で少しの差があります。さらにその広さや電話番号も使用しなければならないなどの細かい希望によって料金にも差があります。

東京でレンタルオフィスを借りた場合は、住所のみの場合は約一万円がおよその料金であり、これに電話代行や会議室などのオプションがつく場合はおよそ三万円となります。

それに対して大阪でレンタルオフィスを借りた場合は約二万円になり、会議室などを借りたり、期間を数ヶ月にのばす場合はさらに料金がかかります。しかしオフィスを貸す会社によって細かい差があるため自分の条件を調べておくべきです。

レンタルオフィス申込みにあたり必要なものは?

最近、東京や大阪などの大都市でレンタルオフィスが増えてきていますが、レンタルオフィスに申込むときにはどのようなものが必要になるのでしょうか。まず、個人で借りる場合は、運転免許証、パスポート、健康保険証、住民基本台帳カードなどの公的身分証明書の中の1つの写しが必要になってきます。

法人の場合には、履歴事項全部証明書(登記簿謄本)、代表者の公的身分証明書の写し、契約担当者が法人の代表者と異なる場合には契約者担当の公的身分証明書の写しとなっているところが多いようです。レンタルオフィス契約をスムーズに終わらせるために事前に準備しておくとよいでしょう。

レンタルオフィスについての関連記事