マイベストキッチン賃貸物件のキッチンについて知る。大阪梅田の賃貸マンション、レンタルオフィス

賃貸について

賃貸事務所情報

レンタルオフィス情報

賃貸オフィス情報

賃貸物件のキッチンのTOP > レンタルオフィス > 大阪でレンタルオフィスを借りるなら個室?それともコワーキングスペース?

目次

  1. 大阪でレンタルオフィスを借りるなら個室?それともコワーキングスペース?
  2. レンタルオフィスの良さについて

大阪でレンタルオフィスを借りるなら個室?それともコワーキングスペース?

レンタルオフィスを借りたことがありますか?レンタルオフィスを借りたことがある人はそんなに多くないでしょう。

昔はコワーキングスペースという言い方よりも共有のレンタルオフィスという言い方をしていたと思います。

そして共有のレンタルオフィスは基本的にはバーチャルオフィスの利用者に付随したり、オプションで使えるようなサービスが多かったように思います。

シェアオフィスというのはもしかしたら共有レンタルオフィスということなのかもしれません。訳したらそういうことなんでしょう。

そういういみではシェアオフィスというのは一時的に利用するバーチャルオフィス的な感じの延長なのかもしれません。

バーチャルオフィスは住所貸し的なイメージですが、シェアオフィスは住所というよりも机貸し的なイメージなのかもしれません。

そう考えると机だけを借りたい、作業するスペースを借りたいということであればシェアオフィスやコワーキングスペースでいいのかもしれません。

住所も必要であるならレンタルオフィスやバーチャルオフィスということになるのかもしれません。

個室のレンタルオフィスとシェアオフィスとの利便性の差を考えると個室の場合はセキュリティーやプライバシーが守れるというメリットがあります。

お客様との連絡も個室のレンタルオフィスの方が安心です。シェアオフィスの場合ですと隣の目を気にしながら電話、メールをしなくてはいけなくなります。

そして取引先によっては個人情報保護の契約を結ぶこともありますのでそういう場合には個別のレンタルオフィスでないと後々問題があるかもしれません。

実際にそれなりのビジネスを行いたいということであればやはり個別のレンタルオフィスを借りることをお勧めします。

どちらかというと軽いノリで今の事務所以外にということであればシェアオフィスやコワーキングスペースでもいいように思います。あなたならどうしますか?

印刷物やFAXのセキュリティや個人情報を考えるとレンタルオフィスでも危なく、貸事務所を借りる方がいいと思います。

昔からある大阪のレンタルオフィスは個室のレンタルオフィスが多く、最近のレンタルオフィスにはシェアオフィスやコワーキングスペースがある、またはそれをメインでというところがあります。

レンタルオフィスの良さについて

昨今流行りつつあるレンタルオフィス、特に、都心では人気が出てきています。まず、少ない資金で事業を始める事ができます。今までは契約するのも大変であり、敷金などを調達するのにも苦労しました。

それにいろんな物を購入しなければならず、特に新規での事業は信用が無いために銀行で資金を借りることもできず、諦めなければならなかったこともたくさんありました。レンタルオフィスは事業に必要なものがほぼ全て借りる事ができるのでたくさんの物を購入する必要がありません。

今すぐにでも事業を始める事ができるのです。こういった場所を利用して事業を始めるのも一つの手ではないでしょうか。

レンタルオフィスについての関連記事